レッスン~今日のトライ

♬ 音が下降するときほど丁寧に!
レッスンで課題となったことを毎回書いています。今日は低い音に焦点を当てました。高い音に悩む人は多いけれど低い音に悩む人はあまりいませんね。でも楽して出せる低い音域にこそ落とし穴があるんです。今回はそんなお話です。

♬  身体、伸びきってませんか?
レッスンで課題となったことを毎回書いています。 力が入りすぎて身体がガチガチだと上手く歌えません。よし!歌うぞ!と気合と同時に力も入れすぎないようにしましょう!

レッスンで課題となったことを毎回書いています。今日は歌の表情についてです。表情をつける方法は強弱だけではありません。でもついつい強弱に走りがち。今回はそんな話題です。

新春「レッスンキャンペーン」を行います。Aki詩音のレッスンを初めて受けられる方へプレゼント。ちょっとお得なレッスンをご用意しました。 あなたの声、あなたの歌声の魅力を引き出します!! 新年に新しいチャレンジを♪

レッスンで課題となったことを毎回書いています。今回は技術やテクニックという内容ではなく、レッスンや練習中に気にかける点についてのお話です。・・・・・・ボイストレーニングのレッスン。腹筋を使ったり、背筋を使ったり、普段使ったことがない部位を使うので最初はとても大変です。

レッスンで課題となった事を毎回書いてます。今日は曲の構成と強さについてです。曲の中にはいきなりサビから始まるものもあるけれど だいたい Aメロ→Bメロ→Cメロ(サビ)と進んでいくものです。 そして大抵 Aメロはちょっと低めの音で始まり 展開してBメロへ。 そしてどんどん盛り上がって Cメロ バーン!!…

レッスンで課題となった事を毎回書いてます。今回は口を開ける時のポイントのお話です。 歌う時に口を開けるのは大切です。 でもどのぐらい開けたらいいの?? と、悩む前に…

レッスンで課題となった事を毎回書いてます。今回はメロディを正しく歌う為に必要なことを♫ なんとな~くメロディを覚えて歌ってみたら やっぱり「なんとな~く」 の歌になった。 テンポが速い曲ならなおさら 音程は適当になってしまいますね…

英語の歌、いわゆる洋楽を歌う時 歌詞(言葉)に口がついていけなくて 余計にカタカナ語に聴こえてしまうことってありますよね。 または、音符に歌詞が入りきらないことも。 本来、そんなに強く言わなくてもよい子音まで まじめに きっちり はっきり しっかり言おうとしてしまった結果 とってもカッコ悪い歌になってしまう。 さて、どうしましょう。...

声を出したり舌を出したりするとき 首の前側や横のあたりに クッキリ筋が出てしまうこと ありますよね。 「声を出す!」という事だけに一点集中すると 喉周り、口周りの筋肉に力が入って 首に筋が出てしまいます。 声を出すにしても、舌を出したり動かしたりするにしても この「一点集中」という動作は良くありません。 力を抜きましょう! でも、、、...

さらに表示する