声を出したり舌を出したりするとき 首の前側や横のあたりに クッキリ筋が出てしまうこと ありますよね。 「声を出す!」という事だけに一点集中すると 喉周り、口周りの筋肉に力が入って 首に筋が出てしまいます。 声を出すにしても、舌を出したり動かしたりするにしても この「一点集中」という動作は良くありません。 力を抜きましょう! でも、、、...
1・2・3・4・ ワン・ツー・スリー・フォー・。。と リズムをとっているのに どうも歌にノリが出ない。 声もしっかり出しているのに メロディーも流れないし ブチ切れてさえ聴こえる。。。 その原因の1つは「頭の振りです。 頭を前に振ってリズムをとっている人 結構多いです(^ ^) 「私は絶対違う!頭なんか振ってな〜い!」と思ったら...
歌い出しの最初の音。 これってとても大切ですね♪ でも、どうも最初の音って 低くなっちゃうんです・・・と 悩む方が多いようです。 これは、いろんなことを 1度にやろうとしている事が原因かと思います。 例えば・・ 1.息を吸う 2.声を出す 3.口を開ける 4.言葉(あいうえお のような文字)をつくる 5.音程を合わせる     などなど・・・...
鼻濁音とは・・・ カ行に「 ゛」をつけると 「がぎぐげご」。 カ行に「 ゜」をつけると 「か゜き゜く゜け゜こ゜」になります。 この「 ゜」は半濁点と言って この半濁点がついたカ行をスローモーションで聴くと「んが」と聴こえます。 これが鼻濁音です。 この「 ゜」がついた鼻濁音は鼻に抜く音で 「 ゛」がついた音より丸く柔らかくなります。...

「あ」でロングトーンをします。 声を伸ばしている間に 口が閉じていかないように! また、口の中が狭くならないように! 「口を開ける」とは 口の表面(唇)だけをたくさん開けることではありません。 口の表面だけを何となく開けていると体も連動せずに 結局は喉だけに頼る発声になり 声帯にダメージを与えてしまいます。 喉が痛くなったり...

<動画解説>〜ブレストレーニング〜の続きです。 『<動画解説>~ブレストレーニング~』を参照しながら まずは声を出さずに息を吐く練習から。 息を吐いている時、 肩や鎖骨の上あたりが下がらないように注意しましょう。 下がっていたり前に傾いている時は 例えお腹の筋肉がしっかり動いているとしても 間違った方向に動いていると思われます。...

<動画解説>〜ブレストレーニング〜 ここでは動画の内容をもう少しだけ詳しく解説します。 「ブレス」とは息を吸うことですが、 ここでは主に息の吐き方の説明をします。 息の吐き方=お腹の使い方というニュアンスで進めていきます。 息を吐く時のお腹の使い方をマスターすることで ブレス(吸気)も上手になりますよ。...

お知らせ · 2018/12/21
先日「今日は私も歌うぞライブ!」を開催しました。 最初はみなさん 「ステージ高~い!   緊張する~~~」 と、焦っていらっしゃいましたが(笑) 各々好きな曲を歌い そして曲数が増えるに従って 「次はこれ!    じゃ、私ももう1曲!     じゃ、俺も歌ってみようかな」 とステージに上がってくれるお客様が増え、...


お知らせ · 2018/11/30
「今日は私も歌うぞ!ライブ」をやります! 参加者を募集してます。 みんんでワイワイやりながら 緊張せずに力を抜いて ステージで気持ちよく歌ってください♪ ライブでは私が伴奏します。 楽譜を持って遊びにいらしてください。 失敗しても大丈夫! 楽譜を見ながら歌ってもいいですよ! ご来店お待ちしております。...

さらに表示する