知識・表現・テクニック

首の力を抜くのは難しい!抜こうと思っても筋が出てします。どうやったら良いのかしら?だったら概念を変えてみたら??? 今日は首の力を抜く為の方法です。頭の体操と思って気楽にどうぞ! 「歌を歌う、声を出す時には 腹筋と背筋で支えましょう! そして、その上はリラックスですよ〜〜」と

口の開け方、間違ってませんか?そもそも口を開けるってどうやるの? 口先だけを動かすだけでは力が入ってやればやるほど逆効果になるかも知れません。今回は概念を変えて、顎と頭蓋骨から「口を開ける」をとらえます。

今回は頑張って息を吸っているのにたくさん吸えないというお話です。まずは自然な体の動きを感じてみましょう。

リズム感がないんです!と悩んでいませんか?実は、リズム感がないのではなく「リズムに慣れてないだけ」かもしれません。今日はリズム練習の方法を1つご紹介します。

歌っている時に「リズム」を意識するってとっても大切。でもどうやったらいいの? リズムに乗るための最初の一歩はこうやります。

歌う時に体の軸を感じる事はとても大切です。でも軸ってどんな感覚?? 今日は軸の感覚を掴む練習方法をご紹介します。

ブレスをしてくださ〜い!と言われたら 大抵は息を頑張ってたくさん吸います。 「たくさん息を吸わないと フレーズを歌いきるのに息が持たない。 だから たくさん吸わなきゃ!」 と、胸郭いっぱい、肺いっぱいに吸ってしまう方が 結構いらっしゃいます。 そう!倒れるほど・・・(^ ^) でも、それは吸い過ぎです。...

アウフタクトから始まるフレーズは、何を意識すればカッコ良く歌えるのかを解説します。 アウフタクトで歌が始まる曲って結構ありますよね。 と、ここで 「アウフタクト」とは・・・フレーズが1拍目以外の拍(弱起)から始まること、またはその部分のことを言います。

楽譜通りに歌っているのに どうも平坦な「のっぺらぼうな歌」になってしまう 感情を入れているつもりなのに 歌に起伏がない。。など 表現しているつもりなのにそれが上手く表せずに 生き生きとした歌にならないって事 ありますよね。 今日はレッスンでもよくぶちあたる課題 「歌の表現について」です。 私のレッスンを受けてくれる生徒さんの中にも...

ライブをするときの飲み物のこと たまに質問を受けます。 烏龍茶は喉の油分をとってしまうからダメだとか 白湯が良いとか 水が良いとか いろいろ意見がありますが。。。 あくまで私の場合は。。 ライブ時は必ず「氷なしの水」です。 そして、アルコールは飲んだ後喉の調節が上手く出来なくなるので飲みません。...

さらに表示する