知識・表現・テクニック

レッスンで課題となった事を毎回書いてます。今日は、お腹が上手く使えない理由の1つ、内股についてです。 自分の足先がどの方向を向いているのか確認してみましょう! 内股を克服すればもうひとつ素敵なおまけがついてきますよ。

どうも歌に表情が出ないなあ・・・と悩む事はありませんか? もしかして音符やメロディや音の強弱だけを考えてしまっているのでは? 今日は音符ではなく「歌詞」に焦点を当ててみました。

私は音痴。だから歌うなんてとても・・・と、歌うことを諦めてませんか?そんなの勿体ないですよ。 そもそも、本当に音痴? 今日は「音痴」という言葉に縛られ過ぎないために、ちょっとアドバイスです。

首の力を抜くのは難しい!抜こうと思っても筋が出てします。どうやったら良いのかしら?だったら概念を変えてみたら??? 今日は首の力を抜く為の方法です。頭の体操と思って気楽にどうぞ! 「歌を歌う、声を出す時には 腹筋と背筋で支えましょう! そして、その上はリラックスですよ〜〜」と

口の開け方、間違ってませんか?そもそも口を開けるってどうやるの? 口先だけを動かすだけでは力が入ってやればやるほど逆効果になるかも知れません。今回は概念を変えて、顎と頭蓋骨から「口を開ける」をとらえます。

今回は頑張って息を吸っているのにたくさん吸えないというお話です。まずは自然な体の動きを感じてみましょう。

リズム感がないんです!と悩んでいませんか?実は、リズム感がないのではなく「リズムに慣れてないだけ」かもしれません。今日はリズム練習の方法を1つご紹介します。

歌っている時に「リズム」を意識するってとっても大切。でもどうやったらいいの? リズムに乗るための最初の一歩はこうやります。

歌う時に体の軸を感じる事はとても大切です。でも軸ってどんな感覚?? 今日は軸の感覚を掴む練習方法をご紹介します。

ブレスをしてくださ〜い!と言われたら 大抵は息を頑張ってたくさん吸います。 「たくさん息を吸わないと フレーズを歌いきるのに息が持たない。 だから たくさん吸わなきゃ!」 と、胸郭いっぱい、肺いっぱいに吸ってしまう方が 結構いらっしゃいます。 そう!倒れるほど・・・(^ ^) でも、それは吸い過ぎです。...

さらに表示する