知識・表現・テクニック

♬ 休符にも音が宿っている
今回は、お正月に見たテレビから、心に残った言葉をチョイス。 そこから、休符の奥深さ・大切さについて書いてみました。休符を感じるって少し難しいれけど、感じられるようになると音楽の質がドンと上がりますよ(^^♪

♬ 呼吸〜鼻で深く吸ってみよう!
鼻呼吸、出来ますか? 鼻で深く呼吸が出来ると体の支えがしっかりします。見過ごされがちですが、歌が上手くなる要素として鼻呼吸はとても大切なんです。今回は鼻呼吸とお腹の動きの関係について書いてみました。

♬ 拍の長さを揃えよう(合唱編)
今回は合唱編です。前に歌い出しのタイミングがバラバラだと曲が引き締まりません。。という記事を書きましたが、同じように、全員が同じタイミングで音を切らないとやはり引き締まりません。今回は音符の長さを適当にとらえず全員で合わせるという事に焦点をあててみました。

♬ ブレスを合わせよう! (合唱編)
今回は合唱編です。歌い出しのタイミングがバラバラだと曲が引き締まりませんよね。同じ音符を歌っているはずなのに、どうして頭が揃わないのでしょう? 解決の為に、音符ではなくブレスに注目してみましょう!

♬ 重い物を持って声を出そう!
歌を歌う時にとっても大切な重心。音が高くなるにつれて、身体が上の方に引っ張られていませんか?それ、とっても苦しいですよね。今回は「道具を使って重心を下げる!」というお話です。

♬ 自分の歌を録音しよう!
録音した自分の声って変~!こんな声、私じゃないわっ!と、自分の声や歌を客観的に聴くのが嫌だという人は多いようです。でも録音は歌の上達には欠かせません。自分の声を聴くことは勇気がいることかもしれませんが頑張って挑戦してみましょう! 今回は「録音を聴くのが嫌な理由」と「聴いていくとどうなるか」のお話です。

♬ 「曲を聴く」とは?~ブレスをチェック!~
歌のレッスンをしていると「どこで息を吸ってよいか分かりません」という質問をされる事があります。解決するためにまずは「アーティストさんの歌」を聴き込んでみましょう。でも「聴く」って実は奥が深いのです。今回は「ブレスを聴く」に焦点をあててみました。

♬ 母音読み練習で第一印象も変わる!
歌のレッスンでやる内容は「歌」や「声を使う職業」の方たちだけでなく、普段生活する場面でもとても役立ちます。挨拶にも応用できて印象アップにつながる武器にもなります。今回は「母音読みの練習」をご紹介します。

♬ 苦手な音 修正ポイントはどこ?
歌いにくい音、出しにくい音。出来るまで何度も何度も頑張って練習するけれどどうしても上手く歌えない・・ ちょっと待って!その音だけ練習しても上手くいかないかも。出来ない原因は他にもありそうですよ。今日はその解決法を1つご紹介します。

♬ 抜ける声って何?~共鳴チェック~
抜ける声。この「抜ける」って何?ズバリ「抜ける声」は「共鳴している声」です。共鳴していない声は「詰まっている声」とも言われます。あなたの声は抜けている?詰まっている?今日はその簡単な見極め方を1つご紹介しましょう!

さらに表示する