mini ポイント~レッスンより~

♬ 生声で勝負 武器は「共鳴」
マイクがないステージでは、ボリュームを上げて大きな声で歌おう~!は違います。マイクがあってもなくても、歌に「共鳴」は必須です。 今回は、マイクなしで行った発表会での1コマを用いながら、共鳴について書いてみました。

♬ 自分の歌を聴こう!~録音は大切~
今回は「自分の歌を聴く」に焦点をあてて書いてみました。 歌えてる「つもり」と「だろう」は大敵です。

♬ レッスンキャンペーン終了
2023年1月にレッスンキャンペーンをおこないました。今回はいただいたご感想を掲載!毎回楽しいレッスンでした♬ お申込み有難うございました!!

♬ 鏡を見よう!
歌の練習では鏡を見ることはとても大切です。でも自分を直視するのは結構大変ですよね。だって照れるじゃないですか(笑) でも、楽器としての顔をしっかり観察するのも大切です。勇気を持ってやってみましょう!

♬ 最初の音が肝心! ~力みは気持ちから~
流れるようにフレーズを歌えたら良いですよね。滑らかに歌えたら気持ちよいですね。でもそれを阻害する原因があるとしたら??? 今回は「声を出す瞬間」に焦点をあてて書いてみました。

♬ 息が足りなくなったときは顎に注目!
レッスンで課題になったことを書いています。今回は「息が足りなくてフレーズを最後まで歌えない」がテーマです。ちょっとしたことで改善できますよ。

♬ テンポをキープしよう!
レッスンで課題となったことを毎回書いています。歌っているとどんどん速くなる。どの1拍も同じ長さをキープしよう!今回はそんな話題です。

♫ 「鼻に響く声」と「鼻声」
今回はレッスン中に出た質問からです。鼻に響くって、鼻声とは違うんですか? 改めて「鼻声」とはなんでしょうね。早速確認していきましょう!

♬ 体験レッスンの感想をいただきました
今回は体験レッスンの感想のご紹介です(掲載許可済)。音程が上ずる、声が嗄れるなど、それは喉のせいだと、そこばかり気にしていませんか?実はブレスが上手く出来ていないせいで音程が悪く声が嗄れるのです。ちょっと視点を変えてみるのも大切なんです。

♬ 本番の緊張をほぐすために・・・
ステージ立つ時は緊張しますよね。手も声も震える。部屋で歌っている時は緊張しないのに、いつもと同じように歌うにはどうしたらいいの?? 今日は私が実践している方法をご紹介します。参考になれば嬉しいです。

さらに表示する